愛知県岡崎市井田町茨坪9-4
ソレジオローズガーデン102

▼ ご予約・お問い合わせはこちら ▼
090-3424-0970

よくある質問


お客様からよくいただくご質問と回答をまとめています。
不明点などがある際には、お気軽にお問い合わせ下さい。



Q&A

お客様からの問い合わせ関するよくある質問

1.どのくらいのペースで通うと効果的ですか?

コースによっても異なります。
フェイシャルトリートメントの方は、7日~14日に1回お通いされると効果的です。
グリーンピール1Dayの方は、月に1回ペースでお通いされると効果的です。
5Daysの方は、3ヶ月に1回くらいで、受けられると効果的です。

GREEN PEELに関するよくある質問

1.GREEN PEELは、どのように退化している肌に働きかけるのか?

GREEN PEELは、ターンオーバーの正常化を目指すことを目的とします。
ハーブの植物ホルモンが結晶化し、植物の栄養が運ばれ、本来肌がもつ力を正常化に導きます。


2.GREEN PEELはどのように皮下 (例えば、セルライト)に働きかけるのか?

セルライトは、本来真皮の代謝障害が原因と言われています。
ハーブのトリートメントで、新陳代謝を高めます。皮膚は、引き締まり滑らかになります。


3.GREEN PEELは、アクネスキン(若い肌)にも効くの?

ニキビが出来るには、いろんな原因が考えられます。遺伝(ホルモン、皮脂のバランス)バクテリアの発生(不衛生)等。アクネスキンに関係する多くの要因は、ピーリングトリートメントで軽減されますが、この効果は一時的であるだけです。 個々の肌に合わせて、何回か、どのくらいの間隔かでピーリングトリートメントをすることが重要です。


4.いくつからGREEN PEELトリートメントはできますか?

思春期から(目安:生理が始まるころから)行うことができます。ただ、個々の肌の状態によります。


5.どのくらいの間隔でGREEN PEELトリートメントはできますか?

3週間から4週間間隔。その間は、活性効果のある化粧品でトリートメントとすると良いでしょう。


6.いつから日光浴や日焼けサロンにいっていいですか?

約2か月後から可能です。


7.いつからデイリー化粧品を使っていいですか?

どんな状況にも関わらず、LSF20の日焼け防止指数があるOPTIMUM PROTECTION CREAMを使用することをお勧めします。(とくにGREEN PEELトリートメント後、有害な紫外線からベビースキンを保護するため)OPTIMUM PROTECTION CREAMに含まれる有効成分(スイレン、トマト、ヒポファエラムノイデス種子エキス)の組み合わせは、互いの栄養素を最大限に引き出し、皮膚に供給します。皮膚タイプに合わせたナイトクリーム(ドライスキンの場合は、Skin Elixierなど)個々のskincareプログラムを提案することが賢明でしょう。この1クール後、通常のskincare製品に戻ることができます。


8.GREEN PEELトリートメント後はお化粧できますか?

出来ません。
お化粧は、トリートメントの効果を妨げます。


9.なぜ、(多くの)水に接触してはいけないのですか?

皮膚にあまりに多量の水がかかると、ハーブが皮膚から水とともに流れてしまいます。
したがって、ピーリングプロセスの妨げになるでしょう。


10.なぜ、エステティシャンの手のひらは剥離しないのですか?

手のひらには、異なった皮膚層(透明層)があり、表皮の層(角質層)は非常に固くなっています。 手の汗腺はマッサージで刺激されますが、剥離はしません。


11.なぜアイ・ゾーンはトリートメントができないのでしょう?

アイ・ゾーンは非常にデリケートな部分です。皮下脂肪が非常にうすいため、トリートメントを行うと泣いた後の腫れぼったい眼のようになるでしょう。


12.なぜ、喉もと(首、デコルテ)は、あまり剥離しないのですか?

これも上記と同じで、皮下脂肪の非常にうすい部分なので、トリートメントを行うと腫れたりするでしょう。


13.なぜ、フェイシャルとボディは一緒にトリートメントできないのですか?

同時にトリートメントを行うことで、血液循環が異常に促進され、剥離するエリアが大きくなることで、血圧問題を引き起こす可能性があります。(発熱など) 基本的に、一回のトリートメントは顔の大きさ程度にするのが良いでしょう。


14.GREEN PEELトリートメント中(5days)スポーツをすることができますか?

発汗する精力的な運動は最初の2日間は避けるべきです。


15.ボディートリートメント後、どのように体を洗ったらよいですか?

ぬるま湯で軽いシャワー程度なら可。ただ、すぐに乾いたタオルでなでるように拭き取りましょう。
※こすらないようにしましょう。


16.なぜ、発汗するとピーリングプロセスに影響するですか?

極端な発汗は、ハーブが流れてしまう可能性があり、皮膚が膨張してしまいます。


17.なぜ、GREEN PEELホームケアを使った方が良いのですか?

GREEN PEELトリートメントとホームケアを併用することは、非常に合理的です。ホームケア商品は、必要なモイスチュアを与え、環境上の影響(空気の乾燥、排気ガスなど)から皮膚を保護します。おうちでのケアで、ピーリングプロセスをさらに高めることでしょう。


18.GREEN PEELトリートメントの失敗、考えられる原因は?

19.どういった病気(薬物療法)にかかっていたらGREEN PEELトリートメントは受けれませんか?またどのくらい待つのがよいでしょう?下記を参考にされてください。

20.妊娠/母乳育児の間、GREEN PEELトリートメントは受けれますか?

母子にとって、ハーブは絶対に無害です。しかし、少なからず“何か異なったものに対する体の変化”は起きることになりますので施術は出産後されるのが良いでしょう。出産後のストレッチマークに、GREEN PEELトリートメントは有効です。 トリートメントを出産後すぐに行うことで、より効果を感じられます。


21.GREEN PEELトリートメントにリミットはありますか?

ありません。


22.GREEN PEELトリートメントを受けると、肌が薄くなったり、老化を促進することはありますか?

いいえ、GREEN PEELトリートメントは、皮膚の自己再生の過程を活性化します。そのようなマイナスの効果は起こることはありません。


23.男性の肌は女性と異なった反応をするのでしょうか?

基本的には同じです。男性の皮膚はいくらか厚い構造のため、密着のレベルやマッサージの持続時間は、個々の皮膚分析に基づいて決められます。


24.男性は、GREEN PEELトリートメント後にひげの処理を行うことができますか?

出来ますが、ドライ処理のみです。ウェット処理は(シェービングフォーム等)出来ません。


25.GREEN PEELトリートメントはいつでも行えますか?また、最も良いのはいつでしょう?

一般的に、オールシーズン行えます。しかし、トリートメント後6~8週間は、過度の直射日光を浴びることは避けましょう。ピーリングは夏期は行えない、という根強い考えはありますが、これが合っているとは言えません。なぜなら、冬でもバカンスで日光浴をすることはありますし、そうすると、お客様は、一年中トリートメントを受けることが出来ないということになるからです。大切なのは、季節とは関係なく、個々の肌や環境の状態を知るということです。